人文系寺子屋 野崎塾 イカロスの太陽

市民の市民による市民のための学び舎 前野町カルチャースクール 板橋区前野町6-41-17村越ビル1F 080.3856.7463 野崎

カテゴリ: 新しいゼミのスタート

第二、第四水曜日の6時から行っていた『世界史の構造』のゼミが、ほぼ二年半続きましたがついに終わりました。その本で問題となっていた「贈与の力」「贈与」についてさらに深めていきたいと考え、岩野卓司『贈与論』(青土社)をテクストに「贈与論ゼミ」をスタートします。「互酬的贈与」(=交換?)ではなく、「一方的贈与」(柄谷行人によれば、九条の戦争放棄もその一つ?)ということも含めて「贈与」とはなにか、「贈与」はなぜなされてきたのか、そのテーマは今までのそして今後の社会のあり方を考えるきっかけになるのでないだろうか、などを考えていきたいと思います。参加希望の方は、各自テクストを購入の上ご参加ください。

1901年(明治34年)幸徳秋水は『廿世紀の怪物 帝国主義』を刊行した。これは国際的に見ても先進的なものとされている。日本では1952年まで禁書とされていたが、2008年にフランスでChristine Lévyの仏訳が詳細な注釈と解説付きで刊行された。日本語(原文、現代語訳)とフランス語訳を対照しながら、本文を読み、のちに訳者解説を読む予定である。日程は第2、第4木曜日の午後6時から7時半までです。初回は5月9日(木)午後6時からです。

テキスト:Kôtoku Shûsui, L'impérialisme, le spectre du XXe siècle.
サブテキスト: 山泉進校注『帝国主義』(岩波文庫)
山田博雄訳『二十世紀の怪物 帝国主義』(光文社古典新訳文庫)
遠藤利國訳・解説『現代語訳 帝国主義』(未知谷) 

↑このページのトップヘ