第5回イベントは4月23日にジェイコブ・チャン『墨攻』の鑑賞会を行いました。塾生四名の参加を得て、コアな会となりました。みなさんこの映画に感激し、その後の飲み会も大いに盛り上がりました。

次回のイベントは、5月28日(日)午後4時から、講演会・討論会「賃金から見た現在の日本」です。講師は野崎優三(野崎次郎塾長の実弟)です。

人文ゼミは、ラッセルが毎週水曜日午後、フッサールは隔週火曜日午後、資本論第2巻は隔週水曜日夕方で、ほぼ日程が確定しつつあります。メンバーはいつでも途中参加可能です。さらに新たな塾生が参加できれば、開講可能なゼミとして「フランス語で読む『ベルばら』」、柄谷行人『世界史の構造』、メルロ・ポンティなどが提案されています。関心のある方はお問い合わせください。