人文系寺子屋 野崎塾 イカロスの太陽

市民の市民による市民のための学び舎 前野町カルチャースクール 板橋区前野町6-41-17村越ビル1F 080.3856.7463 野崎

6月の日程は以下の通りです。塾生は随時募集中です。途中入塾可能です。空いている時間にも設定可能ですので、お問い合わせください。野崎塾入塾案内最新版(こちらをクリック)をご覧になり、入塾をご検討くださいますようお願いいたします。フッサール『ヨーロッパ諸学の危機と超越論的現象学』(英語)はしばらく休みます。

1日(土)1:30~ フランス語の詩を読む(6)
3:30~ フランス語初級:弱点補強講座(6)
5日(水)5:30~ 資本論(日本語)  
6日(木)4:00~ ハイデガー『形而上学入門』(ドイツ語)
        6:00~ 池田理代子 『ベルばら』(フランス語) 休み
8日(土)1:30~ フランス語の詩を読む(7)
3:30~ フランス語初級:弱点補強講座(7)
12日(水) 6:00~ 柄谷行人『世界史の構造』 (日本語)
13日(木)4:00~ フッサール『デカルト的省察』(日本語)
  6:00~ 幸徳秋水『帝国主義』(フランス語) 
15日(土)1:30~ フランス語の詩を読む(8)
3:30~(11:30~に変更) フランス語初級:弱点補強講座(8)  
19日(水) 5:30~ 資本論(日本語) 
20日(木) 4:00~ ハイデガー『形而上学入門(ドイツ語)
  6:00~ 池田理代子『ベルばら』(フランス語) 
22日(土)1:30~ 「フランス語の詩を読む」(9)(フランス語) 
  3:30~ フランス語初級:弱点補強講座 (9)
23日(日)3:00~ 時事問題ゼミ「物流危機」(3)
26日(水)6:00~ 柄谷行人『世界史の構造』 (日本語)
27日(木)4:00~ フッサール『デカルト的省察』(日本語)
  6:00~ 幸徳秋水『帝国主義』(フランス語)
29日 (土)1:30~ 「フランス語の詩を読む」(10)(フランス語) 
  3:30~ フランス語初級:弱点補強講座 (10)

5月5日のイベント第21回の映画鑑賞会『スパイ・ゾルゲ』は3名の参加を得てしんみりと行われました。篠田正浩のライフワークという割には、あまりにも凡庸で拍子抜けしましたが、「初志を貫いた生き方は立派だった」という感想を述べる会員もいました。

この映画は日本のファシズムとソ連のスターリニズムとの類似性を指摘してはいるけれど、「ダブル・スパイ」たるゾルゲ(そもそも「スパイはダブル・スパイでしかありえない)が、なぜ一方の日本において処刑されたのか、何一つ追究する気もなく、ほんとに物足りない映画でした。 

1901年(明治34年)幸徳秋水は『廿世紀の怪物 帝国主義』を刊行した。これは国際的に見ても先進的なものとされている。日本では1952年まで禁書とされていたが、2008年にフランスでChristine Lévyの仏訳が詳細な注釈と解説付きで刊行された。日本語(原文、現代語訳)とフランス語訳を対照しながら、本文を読み、のちに訳者解説を読む予定である。日程は第2、第4木曜日の午後6時から7時半までです。初回は5月9日(木)午後6時からです。

テキスト:Kôtoku Shûsui, L'impérialisme, le spectre du XXe siècle.
サブテキスト: 山泉進校注『帝国主義』(岩波文庫)
山田博雄訳『二十世紀の怪物 帝国主義』(光文社古典新訳文庫)
遠藤利國訳・解説『現代語訳 帝国主義』(未知谷) 

5月5日(日)午後3時から、『スパイ・ゾルゲ』の映画鑑賞会です。

詳しくはこちら 

5月の日程は以下の通りです。塾生は随時募集中です。途中入塾可能です。空いている時間にも設定可能ですので、お問い合わせください。4月から新しいクラスが始まり、当塾も大分賑やかになってきました。野崎塾入塾案内最新版(こちらをクリック)をご覧になり、入塾をご検討くださいますようお願いいたします。5月から幸徳秋水『20世紀の怪物 帝国主義』のフランス語訳 L'impérialisme, le spectre du XXe siècle. CNRS EDITIONS のゼミが始まります。時事問題ゼミ2回目は5/26(日)午後1時からです。

5日(日) 3:00~ イベント(21) 映画鑑賞会『スパイ・ゾルゲ』
8日(水) 3:45~ フッサール『ヨーロッパ諸学の危機と超越論的現象学』(英語)
  5:30~ 柄谷行人『世界史の構造』 (日本語) 
9日(木)4:00~ フッサール『デカルト的省察』(日本語)
  6:00~ 幸徳秋水『帝国主義』(フランス語) 
11日(土)1:30~ フランス語の詩を読む(3)
3:30~ フランス語初級:弱点補強講座(3)
15日(水)3:45~ フッサール 『危機書』(英語)
       5:30~ 資本論(日本語) 
16日(木)4:00~ ハイデガー『形而上学入門』(ドイツ語)
        6:00~ 池田理代子 『ベルばら』(フランス語)
18日(土)1:30~ 「フランス語の詩を読む」(4)(フランス語)
3:30~ (11:30~に変更)フランス語初級:弱点補強講座(4)  
22日(水) 3:45~ フッサール『危機書』(英語)
  6:00~ 柄谷行人『世界史の構造』 (日本語)
23日(木)4:00~ フッサール『デカルト的省察』(日本語)
  6:00~ 幸徳秋水『帝国主義』(フランス語)
25日(土)1:30~ 「フランス語の詩を読む」(5)(フランス語) 
  3:30~ フランス語初級:弱点補強講座 (5)
26日(日)1:00~ 時事問題ゼミ「物流危機」(2)
29日(水)3:45~  フッサール『危機書』(英語)
       5:30~ 資本論(日本語) 
30日(木) 4:00~ ハイデガー『形而上学入門(ドイツ語)
  6:00~ 池田理代子『ベルばら』(フランス語) 

いよいよ4/30から時事問題ゼミがスタートスタートします。午後1時からです。

詳しくはこちら。 

初回ゆえ授業で読むテクストを未配布なので、第0回同様おもに講師がプレゼンテーションする形になりました。題して「詩の音楽化 La mise en musique du poème」。詩人のテクスト+音楽の、それぞれジャンルの異なる作品を4つ、日本語訳で確認してから聴いてまた見てもらい、これから入っていく仏語と仏詩の世界への参入initiationを試みました。
 
1.シャンソン :«Les Séparés»(はなればなれの者たち)1998年
詩:デボルド=ヴァルモール(Marceline Desbordes-Valmore)
作曲:ジュリアン・クレール(Julien Clerc)
会えないのにあなたのことを思うのはつらいから手紙を書かないでちょうだいと縷々と綴る女性の恋愛詩。19世紀前半に書かれた詩を20世紀末にシャンソン化してそれが受けるという事実に、シャンソンは詩と人々との絆の役をいまだ果たしているのだなぁと感じます。授業ではバンジャマン・ビオレBenjamin Biolayの歌で聴きました。さてここを見て下さっている生徒さんには宿題です。シャンソンの歌詞では、もとの詩の単語を変更している所が3カ所あります。どこでしょう?
 
2.歌曲:« Laisse les nuages blancs »(雲たちを白いままにおこう)1935年
詩:フランシス・ジャム(Francis Jammes)
作曲:ジャン・アラン(Jahan Alain)
19世紀末のピレネーの田園詩人の一見牧歌的な詩にひそむ(実存的と言いたいような)不安な感情をあらわにしてみせている、見事なそしてショッキングですらある曲。この作曲家は二次大戦時に29才で戦死してしまいますが、ファシズムに内外から侵されてゆく当時のフランスの不安感も共振しているのでは、と直観的には思います:
 
3.パフォーマンス:Dans la nuit la plus claire jamaisrêvée(夢みたこともない透みきった夜の中で)2011年
テクスト:フィリップ・ジャコテ(Philippe Jaccottet)
音楽:パトリシア・ダリオ(Patricia Dallio)
ダリオはプログレ・ロックグループのアール・ゾイArt Zoydの元メンバー。現代詩人の詩と散文から抜粋されたテクストを再構成した舞台作品から、「さまよい« Érrance »」と題された部分を聴きました。電子音の煉獄の中を断片化され意味も定かでないフレーズ(「私はこのかすかなものの向こうへいきたい」「あらゆる詩は死に与えられた声だ」「もっとも高い希望、それは空全体が本当にまなざしとなることだろう」…)が、それでも一すじの希求を感じさせながら進んでいきます:
 
4.シネポエム:« Elvin Jones »(エルヴィン・ジョーンズ)2000年
テクストと映像:ピエール・アルフェリ(Pierre Alferi)
音楽:ロドルフ・ビュルジェ(Rodolphe Burger)
最後は「音楽化」というより、詩の新しい形式の発明というべきでしょう。1963年生まれのアルフェリは映画批評家でもあり、映画に固有の方法によって詩を書けないかと考えたことが「シネポエムcinépoème」をつくる動機だったと語っています:
なんでしょうこれは??色分けされ、それぞれ十数個の文からなる3つの系列が出現‐消失を繰り返しながらループし続けます。各文はすべて主語‐他動詞‐目的語の文型で、主語は「君Tu」または「私Je」のみ(「君は~する。」「私は~する。」)、動詞と目的語がほとんどシステマティックに交換されていきます。映画に固有の方法とは、おそらくモンタージュのことでしょう。同一の文型をフィルムの「コマimage」のようなフォーマットとし、それを編集していく。題名は北米のジャズミュージシャンの名前でこれも意味不明。彼へのオマージュであろうか?という「読者」の最も安易な読解可能性を、ビュルジェのミニマルな音は爽快なまでに一蹴し疾走していきます。でもここで採用されている方法を適用してElvin Jonesを文字という単位に分解し編集し直してみると― « Je le vois 私はそれを見る »というフレーズが浮かび上がってきます。それとも « Je viole NS私はシリアルナンバーを侵す »?( « Tu viole tes décrets. 君は自分の法を侵す。»という文も緑色のループ中に現れます。)この作品は見るということ、そして映画をはじめとする視覚メディアの流通をめぐる愉快な(滅茶苦茶な意味の文ばかりです)アレゴリーとしてぐるぐる回っているのではないでしょうか?
 
以上、こんな多様なことばと音のシャワーを一気に浴びせかけて、自分はちゃんと解説できるのだろうかとほとんど絶望しながら授業に向かったのですが、杞憂でした。その場でこれを受け取り反応し理解し自分のことばにしてゆく生徒さんの生き生きした関心とセンスの鋭さにまったく驚き、助けられました。詩は、とりわけ現代詩は難しいという俗説はうそではないでしょうか?生徒さんの求めるものに応えていけるよう心したいと思います。
 
次回からいよいよ詩の具体的な読解をしていきます。来週のテクストはここに冒頭で紹介したデボルド=ヴァルモールの« Les Séparés »。中途受講歓迎です。ためしに出席を希望される方は、事前にプリントをお送りすることもできますので、その場合どうぞ下の私あてアドレスにご連絡くださいますよう。
 
鈴木水守 (mmsz-suzukimimori@yahoo.co.jp)

次回のイベントは、5月5日(日)午後3時から映画鑑賞会、篠田正浩『スパイ・ゾルゲ』(東宝、主演イアン・グレン、本木雅弘、一部英語音声日本語字幕付き、2003年)です。20世紀最大のスパイ事件を壮大なスケールで描いた超大作サスペンス。本編182分。途中休憩を入れます。

参加費:一般1000円。会員500円。鑑賞後、持ち寄り飲み会になります。 

↑このページのトップヘ