人文系寺子屋 野崎塾 イカロスの太陽

市民の市民による市民のための学び舎 前野町カルチャースクール 板橋区前野町6-41-17村越ビル1F 080.3856.7463 野崎

12月の日程は以下の通りです。11月から曜日を確定しました。11/30現在の予定です。今後追加されます。

塾生は随時募集中です。空いている時間にクラス設定可能ですので、お問い合わせください。

1) フランス語中上級(第2、第4火曜)  12/12, 26.  2:00~3:30pm.  L'Amant (M. Duras)
2) フランス語初級(毎週水曜)   12/6, 13, 20, 27. 2:00~3:30pm. Café Français Nouveau(朝日出版社)
3) フランス語初級(日程不定期 )  未定 le nouveau Taxi (Hachette) + Café Français (朝日出版社)
4) 哲学ゼミ1(フッサール)(第2、第4火曜)12/12, 26.  3:30~5:00pm. 『デカルト的省察』(岩波文庫)
5) 哲学ゼミ2 (ラッセル)(毎週水曜) 12/6, 13, 20, 27.  3:45~5:15pm. The problems of Philosophy (B. Russell)
6) 人文ゼミ1(マルクス)(第1、第3水曜)12/6, 20. 5:30~7:00pm. 『資本論』第2巻(岩波文庫)
7) 人文ゼミ2(柄谷行人) (第2、第4水曜)12/13, 27.  6:00~7:30pm. 『世界史の構造』(岩波現代文庫)
8) 人文ゼミ3(池田理代子)(第1、第3木曜)12/ 7, 21.  6:00~7:30pm. LA ROSE DE VERSAILLES (kana)

12月の第11回イベントは 17日(日)午後4時から、映画鑑賞会『アルジェの戦い』です。

なお現在、フランス語テクストの哲学ゼミはMerleau-Pontyを、ドイツ語テクストの哲学ゼミはHeideggerを候補に準備中です。関心のある方はお問い合わせください。 

フランス語クラスはご希望のレベルにあわせて1人でも開講可能ですので、お問い合わせください。他の言語も初級、入門ならば対応可能ですので、お問い合わせください。 

第10回イベントは、4名のコア会員の参加を得て濃い議論が展開されました。広島、長崎の地に原爆が投下されたことは、アメリカの戦後政策の大きな流れのなかに位置づけてみていく必要があるという話から、さらにラッセルの「絶対平和主義」を批判したアンスコムの議論「トルーマン氏の学位」(加藤典洋『戦後入門』p.306以下参照)、さらに九鬼周造にまで話が広がりました。

次回のイベントは、12月17日(日)午後4時から、ジッロ・ポンテコルヴォ『アルジェの戦い』(1966年、イタリア=アルジェリア作品、イタリア語版、日本語字幕) の映画鑑賞会です。 1966年ヴェネチア国際映画祭金獅子賞(グランプリ)受賞。アルジェリアの独立運動を生々しいドキュメンタリー・タッチで描いた話題作。

来る25日は第10回イベント、討論会です。今回は特例的に土曜日になります。討論会のあとは飲み会になります。ボージョレ・ヌーボーを用意してお待ちしております。一品お持ち寄りをお願いします。

参加費:会員、学生500円、一般1000円。飲み会だけの参加も大歓迎です。

報告者:篠崎新。なぜ、広島、長崎だったのかという点にフォーカスしそうですが、大きな問題なので論点が広がっていけば面白いと思います。
 

↑このページのトップヘ