人文系寺子屋 野崎塾 イカロスの太陽

市民の市民による市民のための学び舎 前野町カルチャースクール 板橋区前野町6-41-17村越ビル1F 080.3856.7463 野崎

野崎塾は7月20日から8月末まで夏休みに入りました。クラス・ゼミはありませんが、問い合わせなどはメールで対応いたします。jiro@ma1.seikyou.ne.jp

塾長の近況は Facebook:野崎次郎、twitter:@jiro50 をご覧ください。

9月の日程は以下の通りです。これは現在の確定分です。今後追加されます。

1) フランス語中上級 9/5, 19  2:00pm~3:30pm
2)  フランス語初級2 9/6, 13,  20,  27  2:00pm~3:30pm
3) フランス語初級1 9/7  2:00pm~5:00pm あとどこかで一回(?)
4) 哲学ゼミ1(フッサール) 9/5, 19  3:30pm~5:00pm 
5) 哲学ゼミ2(ラッセル) 9/6, 13, 20, 27  3:45pm~5:15pm
6) 人文ゼミ1(資本論) 9/6, 20  5:30pm~7:00pm
7) 人文ゼミ2(世界史の構造) 9/13, 27  6:00pm~7:30pm
8) 人文ゼミ3(ベルばら) 9/7, 21  6:00pm~7:30pm

 第8回イベントは9月17日午後4時から「加藤典洋『戦後入門』を巡って」です。報告者は野崎次郎塾長です。

よい夏休みを!!
 

フランス革命記念日の7月14日に『ベルばら』の第二回を行いました。参加者は相変わらす3名でした。1ページ目から細かに読んでいきましたが、フランス語版は語彙のレベルでも文体のレベルでも、日本語版に比べて「堅苦しい」というか、日本語版にあるくだけた感じが薄いように感じました。留意が必要です。一般的にフランス語の表現は硬いのですが、この『ベルばら』のフランス語版の特徴なのか、フランスコミックの特徴なのか、今後の課題です。

オスカルという名前が北欧起源(神の男?)であることが、興味をそそりました。スウェーデン出身のフェルゼンとの出会いを運命づけている名前であるからです。(『「ベルサイユのばら」で学ぶフランス語』(朝日新聞出版)pp. 50-51.参照)

9月の予定は、隔週の木曜夜6時からになります。9月7日、9月21日の夜6時から続きを読んでいきます。p. 16 からです。まだまだ席はありますので、お問い合わせください。

第七回イベントの『レッズ』鑑賞会は5名の会員の参加を得て、コアな盛り上がりを見せました。前半の一部だけで終えてもいい映画の気もしましたが、まさにジジェクのいうとおり社会主義リアリズとは真逆の革命観、性愛観が感動的でした。しかし、第2部に入ってジャックの「奥さんより革命が優先だ」という台詞が、ジャックとルイーズの恋愛にも、革命活動にも返ってくるあたりがうまい映画だなあと思いました。しっかりコミンテルン批判になっているところがアメリカにも受け入れられたのではないか。(←ちょっと政治主義的な見方かな?) 

第8回は9月17日午後4時から、討論会「加藤典洋『戦後入門』を巡って」です。報告者は野崎次郎塾長です。ちくま新書ですが、635 ページもある大著です。あらかじめ読んでからご参加ください。

8月は全休です。今月は今週と来週の火曜日、水曜日の教室、ゼミを終え、7月20日から8月末まで野崎塾は全休します。 

↑このページのトップヘ